震災復興シンポジウム 東日本大震災の教訓に学ぶ~持続と連携の視点から~

震災復興シンポジウム 東日本大震災の教訓に学ぶ~持続と連携の視点から~

・主催:農村計画学会震災復興研究グループ・大震災復興特別委員会、岩手大学三陸復興推進機構
・後援:(特非)まちづくり政策フォーラム
・日程:平成29年3月5日(日)13:00~17:00
・会場:エルパーク仙台 セミナーホール1・2 定員:170人
(仙台市青葉区一番町4丁目11番1号、141ビル 5階/仙台三越定禅寺通り館)

・趣旨:

東日本大震災から6年が経過し,被災地では集団移転や災害公営住宅の事業、商店街や工場団地の整備などの生活や生業の再建に関わる事業が着実に進行している。本シンポジウムでは,生活・地域コミュニティの再建、産業・生業の再建、津波伝承等のトピックスについて、持続と連携の視点から今後の展望について議論していきたい。

・プログラム:総合司会:鈴木孝男(宮城大学)

13:00~13:10 趣旨説明/ 広田純一氏(岩手大学)
13:10~15:10 話題提供
「コミュニティ単位の集団移転を進めた岩沼市における復興」
井口経明氏(元岩沼市長)
「東松島市の復興まちづくり~移転元地の土地利用~」
小林典明氏(東松島市復興政策部長)
「3がつ11にちをわすれないためにセンターによる草アーカイブの試み」
北野央氏(せんだいメディアテーク企画・活動支援室)
「(仮)釜石市根浜海岸の再生と地域創生の取り組み」
岩崎昭子氏((一社)根浜MIND理事)

討論
「東日本大震災をどう伝え経験を活かしていくか、次なる自然災害に備えて」
コーディネーター:広田純一氏

15:10~15:40 休憩・ポスターセッション

15:40~16:50 鼎談:持続と連携に基づいた計画研究のあり方
コーディネーター:広田純一(岩手大学)・鈴木孝男(宮城大学)
パネリスト:講師+農村計画学会震災復興研究グループ
(1)テーマ1:コミュニティ再建
(2)テーマ2:生業再建
(3)総括: 山崎寿一氏(神戸大学)

16:50~17:00 閉会/三橋伸夫氏(宇都宮大学)

・参加費:無料
・参加申込:「ご氏名・ご所属」を明記の上、電子メール(suzutaka@myu.ac.jp)でお申し込み下さい。

震災復興シンポジウムチラシ

熊本地震の現地視察および地区セミナーの開催(2017年3月9〜10日)について

趣旨:大震災特別委員会と学術交流委員会では、熊本地震の被災地の現状と課題を共有し、課題の解決に向けた対応を検討するために、以下のような現地視察・地区セミナーを開催いたします。初日に現地を視察し、2日目の午前中に、被災地の現状と今後の農村の復興に向けた課題について議論を行います。

奮ってご参加ください。

 

【現地視察】

日時:2017年3月9日(木)8:30〜17:00

集合:8:30 熊本市役所前

参加費:無料

 

行程(予定):

9:00 益城町中心市街地

(最も被害の大きかったエリア,旧集落とスプロール的市街地が混在)

10:30 益城町東無田

(益城町で最も早く復興に向けたまちづくり協議会が立ち上がった集落)

12:00 益城町の仮設商店街で昼食

13:00 西原村布田

(西原村仮設住宅,斜面地に立地する集落で7、8割が全半壊)

15:00 南阿蘇村長野

(土砂災害による被災,学生アパート、別荘地の被災、阿蘇大橋の崩落)

17:00 南阿蘇村立野

(大雨による土砂災害でも被災,下流側の大津町へ避難、仮設住宅入居)

19:00 懇親会

 

【地区セミナー】

日時:3月10日(金)9:30〜12:00

場所:未来会議室 EVENT BOX(熊本市中央区下通1-12-27 CORE下通ビル5F)

http://mirai-k.or.jp

参加費:無料

 

プログラム

9:00 趣旨説明 広田純一氏(岩手大学農学部 教授)

9:10 報告

・田中尚人氏(熊本大学政策創造研究センター 准教授)

・佐々木康彦氏(財団法人山の暮らし再生機構(現在、西原村に派遣))

10:10 意見交換

12:00 終了

——-

◎申込方法:

(視察,地区セミナーとも。一日のみの参加も可)

3月6日(月)までに柴田(熊本県立大)まで

 

熊本県立大学環境共生学部居住環境学科

柴田 祐

TEL:096-321-6701(直通)

E-mail:shibatayu@pu-kumamoto.ac.jp