西日本ブロック地区セミナー(第1回)のご案内

テーマ:中国におけるコミュニティ計画の新展開

趣 旨:
 中国において農村地域の経済的活性化と社会資本整備は国家的な課題であり,近年ではコミュニティレベルでの計画づくりについての実験的な試みがはじまっている。蘇州大学教授の王雷氏は京都大学で2003年に学位を取得された後,中国における農村計画学分野の確立に尽力されてきた。同氏からは,中国でのコミュニティ計画の事例と制度の実態,農村の変容と現状の課題などについてご紹介頂く。蘇州大学講師の葉 露氏には「現代中国における農村営建と史的展開」をテーマとしてご報告頂く。これら2報告により,中国のコミュニティ計画論の新展開について理解を深めたい。

日時:2017年6月27日(火)14:00〜16:30

場所:京都大学農学部総合館 3F 農村計画学ゼミ室(S-363)
(〒606-8502 京都市左京区北白川追分町)
http://rural.kais.kyoto-u.ac.jp/access.html

参加費:無料

プログラム
14:00 趣旨説明 & 進行 星野 敏(京都大学農学部 教授)

14:10~15:10 第1報告
中国におけるコミュニティ計画の新展開
蘇州大学建築学院城郷計画系教授  王  雷 

<休憩>

15:30~16:30 第2報告
現代中国における農村営建と史的展開
蘇州大学建築学院建築系講師      葉  露

16:30 セミナー終了
——-
◎申込方法:特に事前の申込は必要ありません。直接,会場にお越し下さい。使用言語は日本語です。第2報告は中国語で報告されますが,日本語通訳が入ります。

連絡先 京都大学農学部
星野 敏
TEL:075-753-6159
E-mail:shoshino@kais.kyoto-u.ac.jp

熊本地震の現地視察および地区セミナーの開催(2017年3月9〜10日)について

趣旨:大震災特別委員会と学術交流委員会では、熊本地震の被災地の現状と課題を共有し、課題の解決に向けた対応を検討するために、以下のような現地視察・地区セミナーを開催いたします。初日に現地を視察し、2日目の午前中に、被災地の現状と今後の農村の復興に向けた課題について議論を行います。

奮ってご参加ください。

 

【現地視察】

日時:2017年3月9日(木)8:30〜17:00

集合:8:30 熊本市役所前

参加費:無料

 

行程(予定):

9:00 益城町中心市街地

(最も被害の大きかったエリア,旧集落とスプロール的市街地が混在)

10:30 益城町東無田

(益城町で最も早く復興に向けたまちづくり協議会が立ち上がった集落)

12:00 益城町の仮設商店街で昼食

13:00 西原村布田

(西原村仮設住宅,斜面地に立地する集落で7、8割が全半壊)

15:00 南阿蘇村長野

(土砂災害による被災,学生アパート、別荘地の被災、阿蘇大橋の崩落)

17:00 南阿蘇村立野

(大雨による土砂災害でも被災,下流側の大津町へ避難、仮設住宅入居)

19:00 懇親会

 

【地区セミナー】

日時:3月10日(金)9:30〜12:00

場所:未来会議室 EVENT BOX(熊本市中央区下通1-12-27 CORE下通ビル5F)

http://mirai-k.or.jp

参加費:無料

 

プログラム

9:00 趣旨説明 広田純一氏(岩手大学農学部 教授)

9:10 報告

・田中尚人氏(熊本大学政策創造研究センター 准教授)

・佐々木康彦氏(財団法人山の暮らし再生機構(現在、西原村に派遣))

10:10 意見交換

12:00 終了

——-

◎申込方法:

(視察,地区セミナーとも。一日のみの参加も可)

3月6日(月)までに柴田(熊本県立大)まで

 

熊本県立大学環境共生学部居住環境学科

柴田 祐

TEL:096-321-6701(直通)

E-mail:shibatayu@pu-kumamoto.ac.jp

東日本ブロック地区セミナー 「震災復興と農山村再生」

◎東日本ブロック地区セミナー
テーマ:「震災復興と農山村再生」

日時:平成29年1月25日(水)13:00〜15:30
場所:宇都宮大学農学部(峰キャンパス/宇都宮市峰町350)
会場:1A32教室
会場となる教室は下記URLの「峰町1号館 東棟3階」にございます。
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/campus_map.php
交通アクセス:宇都宮駅から会場までは下記を参考にしてください。
http://www.utsunomiya-u.ac.jp/map/access.php

◎開催趣旨
我が国ではここ数年、地震や台風などの自然災害が頻発している。発災直後の被害状況はメディア等で繰り返し報道されるが、発災後の復旧や復興の進展については、多くの方が関心を寄せつつもリアルな情報にアクセスできないのが実状ではないだろうか。農村計画の分野からいえば、発災直後にはわからなかった農地の亀裂や四散した住民とコミュニティーの再生など、報道されない被害や復興の課題などが山積している。
本セミナーでは、中越地震や東日本大震災など被災地において被害実態の把握や復興プロセスを牽引してきたパネラーに話題提供をいただき、震災の復興と農山村の再生について全体討論を行う。

◎プログラム

  • 開会挨拶13:00
  • 話題提供その1:13:05 – 13:30「災害復興を契機とした住民主体の地域づくりの取り組み」稲垣文彦(中越復興デザインセンター )
  • 話題提供その2:13:30 – 13:55「長野県北部地震・栄村小滝集落における農地の『目に見えない被害』への対応と復興の現状」内川義行(信州大学)
  • 話題提供その3:13:55 – 14:20「災害復旧・復興プロセスにおける現場技術者の工夫と知恵〜現場知の集積と活用〜」田村孝浩(宇都宮大学)
  • 休憩14:20-14:30
  • 全体討論 14:30-15:30

平成28年度第2回農村計画学会西日本ブロックセミナーの開催について

平成28年度第2回農村計画学会西日本ブロックセミナーを以下の通り開催いたします。
詳細はこちらをご覧ください。
「農山村における地域イノベーション人材の活かし方」
社会起業や継業などを通じて地域課題の解決を目指す,いわゆる“地域イノベーション人材”が全国各地で活躍しています.また,最近では,こうした人材を育成する取り組みが積極的に行われています.
こうした“地域イノベーション人材”は地域にとって浮いた存在になりがちであり,地域の視点から見ると,こうした人材をいかに取り組んでいくかという視点が重要になっています.本セミナーでは,“地域イノベーション人材”について,異なる立場からの報告を基に最新の動向を把握し,それぞれの取り組みが地域にどのように広がっているのか,地域に取り込んでいく過程での要点と課題について議論します.
【日時】平成29年2月18日(土)13時30分~17時(開場は13時~)
【会場】島根県民会館303会議室
【定員】30~50名
【申込方法】Facebookのアカウントを持っておられる方は,Facebookにあるイベントページの参加ボタンをおして下さい(https://www.facebook.com/events/1406495772716469/).Facebookのアカウントがない方は,髙田までメールを頂きますと申込みとさせていただきます.なお,人数に余裕があれば,当日いきなり参加もOKです.※懇親会に参加される方は,2月9日(木)までに髙田までご連絡下さい.
【参加費】無料
【共催】田園回帰とネオ内発的発展研究会(事務局:鳥取大学地域学部)
【問い合わせ】
島根大学生物資源科学部 髙田晋史
Tel: 0852-32-6544
Email: shinjitakada@life.shimane-u.ac.jp◎プログラム
1)趣旨説明(13時30分~13時40分)
筒井一伸氏(鳥取大学地域学部 准教授)
2)報告(13時40分~15時20分)
・藤井裕也氏(特定非営利法人 山村エンタープライズ 代表理事)
・中川玄洋氏(特定非営利法人 学生人材バンク 代表理事)
・橋田薫氏(篠山イノベーターズスクール 事務局長)
・熱田勇二氏(島根県雲南市政策企画部次長兼政策推進課課長)
・尾原浩子氏(日本農業新聞 記者)
3)トークセッション(15時30分~16時50分)
コーディネーター:髙田晋史氏(島根大学生物資源科学部 助教)
コメンテーター:田中輝美氏(ローカルジャーナリスト)

東日本ブロックセミナーについて(第1報)

◎東日本ブロック地区セミナー

テーマ:「震災復興と農山村再生」

日時:平成29年1月25日(水)13:00〜15:30

場所:宇都宮大学峰キャンパス 会場:1A32

定員40名程度

 

◎開催趣旨

我が国ではここ数年、地震や台風などの自然災害が頻発している。発災直後の被害状況はメディア等で繰り返し報道されるが、発災後の復旧や復興の進展については、多くの方が関心を寄せつつもリアルな情報にアクセスできないのが実状ではないだろうか。農村計画の分野からいえば、発災直後にはわからなかった農地の亀裂や四散した住民とコミュニティーの再生など、報道されない被害や復興の課題などが山積している。

本セミナーでは、中越地震や東日本大震災など被災地において被害実態の把握や復興プロセスを牽引してきたパネラーに話題提供をいただき、震災の復興と農山村の再生について全体討論を行う。

 

◎プログラム

・開会挨拶13:00

・話題提供その1:稲垣文彦(中越復興デザインセンター )13:05 – 13:30

・話題提供その2:内川義行(信州大学)13:30 – 13:55

・話題提供その3:田村孝浩(宇都宮大学)13:55-14:20

・休憩14:20-14:30

・全体討論 14:30-15:30

 

 

資料準備の都合上、参加を希望される方は下記テンプレートにご記入のうえ

田村孝浩(tamurat@cc.utsunomiya-u.ac.jp) までご連絡ください。

=========================================================

東日本ブロック地区セミナー・「震災復興と農山村再生」参加申し込み

ご氏名:

ご所属:

連絡先E-mail:

=========================================================

農村計画学会 平成28年度 西日本ブロック地区セミナー(第1回)

若者と地域創生-地域連携活動の到達点と課題-

 

開催日:2016 年11月13日(日) 13:30 ~ 16:45

場 所:神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ

※JR篠山口駅改札出てすぐ。

定員:30名

 

開催趣旨:

若者・大学生による、農山村地域での活動が拡がりをみせています。従来からの農村計画関係分野による活動だけでなく、多様な分野の学生・若者が、それぞれの意図をもち、地域での活動を行うようになっています。国によるCOC事業の推進もあり、こうした取り組みの意義や課題については、多くの場所で議論がされているところですが、個々で蓄積された経験知を体系化する段階にきていると考えられます。

そこで、本セミナーでは、改めて、地域との関係性の視点、農村計画の視点から、若者・大学生の活動が、どのように農山村地域の発展に寄与できるのかについて、現場からの報告をもとに、その到達点を確認した上で、議論していきたいと思います。

 

プログラム:

イントロダクション 13:30~13:40

報告 13:40〜15:50

・大学生・若者の地域への関わり方と展開

筒井一伸(鳥取大学 地域学部 准教授)

・篠山市における学生活動サークルの活動展開と課題

松本龍也(京都大学 農学研究科 大学院生)

・企業とタイアップした地域活性化プロジェクトの意義と課題

青谷実知代(神戸松蔭女子学院大学 人間科学部 准教授)

・地域プロジェクトを活かした学びの企画とその可能性

内平隆之(兵庫県立大学 地域創造機構 教授)

総合討論・まとめ 16:00 – 16:40

コーディネーター:中塚雅也(神戸大学 農学研究科 准教授)

 

参加料:無料。会場の都合上,必ず事前に登録してください。
参加フォームはこちらから https://goo.gl/forms/FQZtb5sqquRY6hgf2

問い合わせ先:神戸大学 中塚雅也(nakatsuka&harbor.kobe-u.ac.jp:&は@に変換)

アクセス:JR篠山口駅舎内、東側にあります。詳細はこちらの地図などを参考に。
車の場合は、駅周辺の有料駐車場をご利用ください。一日500円前後です。

 

共催:神戸大学・篠山市農村イノベーションラボ

西日本地区セミナー「リスクと地域のガバナンンス研究の最前線」3/12@京都

西日本ブロック地区セミナー(H27年度 第2回)

リスクと地域のガバナンンス研究の最前線

開催日:2016 年3 月12 日(土) 14:00 ~ 18:00
場 所:京都大学 吉田南構内 人間・環境学研究科棟 3階333 演習室
    (京都市左京区吉田二本松町)

開催趣旨:
 福島において東日本大震災はまだ終結していない。そこではリスクや地域のガバナンスの課題が今なお数多く残されている。5年目を迎えようとする震災復興の道程を真の地域再生や地方創生につなげうるように支援を続けることは学会の重要な使命であろう。本セミナーでは環境経済学と行政法の分野で顕著な業績をあげている研究者の先端的な研究を受けて、地域におけるリスクやガバナンンスを可視化し、それを政策に生かしていく可能性を探ろうとするものである。なお、今回は関西で長い伝統を持つ関西公共政策研究会と共催し、異分野学術交流も試みたい。

プログラム:
14:00 ~ 第1 報告
「低線量被曝や原発事故再発に対する人々の曖昧なリスク認知と不安」
山根史博氏(広島市立大学国際学部 准教授)
15:00 ~ 質疑および討論

16:00 ~ 第2 報告
「地域のガバナンス指標化と効果検証について」
大山耕輔氏(慶應義塾大学法学部 教授)
17:00 ~ 質疑および討論

参加料:無料。事前登録は必要ありません。
※地区セミナー終了後、百万遍界隈で講演者を囲んで懇親会(会費5 千円程度、学生割引あり)を開催いたします。
お時間が許す方は是非ご参加ください。こちらも事前登録は不要です。

東日本地区セミナー「小型無人航空機の安全な利用と活用に向けて」3/23@仙台

農村計画学会 東日本地区セミナー

「小型無人航空機の安全な利用と活用に向けて」

開催趣旨:
 UAVまたはドローンとよばれる小型無人航空機の利用は、ここ数年で急激に増加し、その利用用途も多岐にわたっています。農村計画学の現場や、環境モニタリング、観光など関係する分野においても、実際の利用や、活用に向けた検討が進められています。一方で無人航空機が原因となった事件や事故が発生したため、平成27年12月10日には、航空法が改正され、利用にあたってのルールが策定されました。
 小型無人航空機はこれまでにない様々な視点をもたらす可能がある一方で、機体や法令に対する正しい理解がないと、法令違反や重大な事故を引き起こすことになりかねません。また、ドローン等を用いて取得された空撮画像は、それ単体でも十分に活用できますが、複数の画像を処理し三次元モデルを作成することや、GISと組み合わせることにより、さらにその活用範囲が広がると考えられます。
 そこで本セミナーでは、実際の空撮画像の取得や安全な運用、さらに取得した画像の基礎的な処理の実習を通じて、農村計画分野における小型無人航空機の安全な利用と活用に向けた議論を行うことを目的とします。

日時:2016年3月23日(水)

プログラム:
10:00~12:00 小型無人航空機をを用いた空中写真の撮影(名取川河川敷)

13:00~13:30 小型無人航空機を安全に運用するためには?(Room 5A)(演者調整中)

13:40~17:30  ワークショップ (Room5A および 5B)
ワークショップ1 VisualSfMとMeshLabによる空撮画像を用いたデジタルデータ作成
講師:岩崎亘典(農業環境技術研究所)
実際に撮影した空中写真から3次元モデルを作成し、
GIS上で扱えるデジタル画像に合成する手順について実習します.

ワークショップ2 QGISを用いたGISの基礎実習
講師:古川泰人(北海道大学)
UAVで撮影した画像の処理にあたっては、GISの基礎的な知識が必要になります.
本ワークショップでは、主にGISの使用経験が少ない方に向けて基礎的な実習をおこないます.

場所:
午前:名取川河川敷
http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.20301,140.856373&z=17&base=std&ls=y2k7&disp=1&vs=c1j0l0u0#17/38.203010/140.856373
午後:PARM-CITY131貸会議室:Room 5A および 5B
http://tsuchiya-estate.com/20_palmcity/

申し込みについて:
会場と資料の準備のために、ワークショップに参加を希望される方は、
こちらのリンク先フォームからお申し込み下さい.期限は3/15までとさせて頂きます.
http://goo.gl/forms/UCwGwQgmAz

上記フォームをご利用になれない場合は、以下について
農村計画学会学術交流委員、岩崎までご連絡下さい.
—–
申し込みフォーマット(メール用)
お名前:
ご所属:
当日連絡可能なe-mail:
農村計画学会学会の会員かどうか:
空中写真撮影への参加予定:
参加希望ワークショップ:
ドローン(UAV)の使用の有無:
GISの使用の有無:

宛先
農村計画学会学術交流委員 岩崎亘典
e-mail: niwasaki@affrc.go.jp
—–

空中写真の撮影について:
ワークショップに先立ち、
実際に現地にてUAVの飛行と空中写真の撮影をおこないます.
場所は、こちらのURLからご確認ください.
http://maps.gsi.go.jp/?ll=38.20301,140.856373&z=17&base=std&ls=y2k7&disp=1&vs=c1j0l0u0#17/38.203010/140.856373

当日、天候等によっては中止することもありえます.
その際には、当日朝にご連絡するので、参加を希望される方は、
当日連絡が可能なe-mailを申し込みの際にお知らせ下さい.

西日本地区セミナー「地域固有性を活かした地域づくり」2/14@神戸

農村計画学会 平成27年度 西日本ブロック地区セミナー(第1回)

「地域固有性を活かした地域づくり:学際的アプローチからその源泉と活用を考える」

開催日:2016年2月14日(日)13:30~16:45
場所:神戸大学農学部B101教室(神戸市灘区六甲台町1−1)

開催趣旨:
グローバル化と過疎・高齢化の進展とともに,農村地域固有の社会文化,自然資源,さらには知識や技術が失われつつある。一方で,地域の内発的発展をすすめる手段の一つとして,地域固有の資源を活かした特産品やサービスの開発もすすんでいる。他地域との差別化をはかりながら地域ブランドを確立しようとする動きも活発である。
しかしながら,その「地域固有性」に関しては,様々な概念や解釈が存在する。遺伝学的な面から捉え方もあれば,風土,テロワールなど土地と人の関係性に着目した捉え方もある。種子に限定しても,在来作物,伝統野菜,在来種,エアルームなどの様々な用語が少しずつ違うものを指しながら使われている。
そこで,本セミナーでは,生態学,遺伝学,建築学,農業経済学,言語学などからの学際的な報告を通じて,「地域固有性とは何か」について立体的に理解した上で,今後の地域づくりへの活かし方について議論を深めていきたいと思う。

プログラム(予定):
イントロダクション 13:30~13:40

報告 13:40〜15:55
・生きものから見た地域固有性 13:40〜14:05
丹羽 英之(京都学園大学 バイオ環境学部 准教授)
・DNAから見た植物の地域固有性 14:05〜14:30
吉田 康子(神戸大学 農学研究科 付属食資源研究センター 助教)
・集落空間からみた地域固有性 14:40〜15:05
内平 隆之(兵庫県立大学 エコ・ヒューマン地域連携センター 准教授)
・社会的に形成される地域固有性 15:05〜15:30
國吉 賢吾(神戸大学 農学研究科 博士後期課程)
・言語の地域固有性:琉球諸国の言語復興 15:30〜15:55
山田 真寛(京都大学 学際融合教育研究推進センター 特定助教)
(休憩)
総合討論 16:10~16:45
コーディネーター:中塚 雅也(神戸大学 農学研究科 准教授)

参加料:無料。事前登録は必要ありません。
問い合わせ先:神戸大学 中塚雅也(nakatsuka&harbor.kobe-u.ac.jp:&は@に変換)

※神戸大学大学院農学研究科地域連携センター,兵庫県立大学環境人間学部エコ・ヒューマン地域連携センター,および,科学研究費・基盤 B(特設分野)「アクターネットワークによる地域固有性の発現と農村発展モデルの確立」(研究課題番号: 26310309) との共催により実施します。

東日本ブロック地区セミナー「生態系サービスへの支払いと地域社会」11/15@東京

農村計画学会 平成27年度 東日本ブロック地区セミナー(第2回)
生態系サービスへの支払い地域社会:包括的な制度設計に向けて

開催日:2015 年11月15日(日) 14:00 ~ 17:00

場 所:東京大学農学部フードサイエンス棟1F講義室(102)
    ※東京メトロ 東大前駅1分 根津駅8分
    ※正面入口は2Fですのでご注意下さい

開催趣旨:

地域の農地や森林が人間社会にもたらすさまざまな便益を支える仕組みとして、「生態系サービスへの支払い(Payment for ecosystem services)」制度が注目を集めています。こうした仕組みの多くは、農地や森林の管理者への直接支払いの形をとっています。そして、その制度設計にあたっては、支払いの基準や金額だけでなく、地域社会の社会的関係や生業のあり方についての配慮も重要になります。本セミナーでは、こうした地域社会の観点から「生態系サービスへの支払い」の分析に取り組んでいる若手研究者に最新の研究成果を発表して頂き、今後の研究発展や現場への応用可能性について議論することを企図しています。

プログラム:
14:00 – 14:10 イントロダクション
「地域社会の中に生態系サービスへの支払いを位置づける」
土屋一彬(東京大学大学院農学生命科学研究科 助教)

14:10 – 16:30 研究報告3件
「日本の直接支払いとソーシャル・キャピタル」
中村省吾(国立環境研究所社会環境システム研究センター 研究員)
「中国の退耕還林政策がもたらす生態系サービスの社会・生態的トレードオフ」
宮坂隆文(東京農工大学大学院農学研究院 特任助教)
「REDD+プロジェクトにおける地域住民の新しい収入源の創出に向けて」
岩永青史(森林総合研究所林業経営・政策研究領域 研究員)
16:30 – 16:50 総合討論・まとめ

参加料:無料。事前登録は必要ありません。
問い合わせ先:東京大学 土屋一彬(tcy@live.jp)
※東京大学緑地創成学特別セミナーと共催

案内PDFはこちら

20151115seminar